2人目妊娠を気長に待ち続けて気

2人目妊娠を気長に待ち続けて気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。最初の子をしっかりと育てるためにも長生きする必要がありますし、この機会にしっかりと調べてもらって、何もみつからなければ妊活し始めようと夫婦の間で話し合ったのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが妊活を決めた瞬間になります。葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だとあちこちで聞かれますが、妊娠前に葉酸を摂取すると受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。受精から着床を終えるまでの間に細胞分裂が盛んに行われるため、葉酸の役割が重要になってきます。このことを考えれば、お子さんが欲しい男女にとって葉酸は大事な栄養素であり、赤ちゃんが順調に発育する過程でもたくさん必要な栄養素のため、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。

私は、妊娠がわかったすぐ後でサプリメントで葉酸を摂り始めました。病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと強く言われましたが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては誰からも言われませんでしたね。1袋空いたところで良いかと思い、葉酸サプリは一旦卒業しました。最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、再開したのです。


人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることはかなり知られています。

血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰や肩の痛みやコリ、冷え性、不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、そのような症状に思い当たるところがあれば一度、葉酸を摂るように努めてみると症状が軽くなることもあるとされます。ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで血行改善の効果はさらに高くなります。妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては特に問題ないのですが、安易な服用が問題になるのは持病に対する医者からの処方箋の服用です。
ですが、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、処方箋はもちろん、市販薬であっても、医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが良いでしょう。

マカというものがあります。



これは、特に男性のスタミナアップを目的として使われますが、効果はこれだけではないんです。

妊活を頑張っている女性の、体の血の巡りを良くする効果があり、体を妊娠しやすいコンディションに整えることが出来るのです。そして、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、妊活の目安ともなる基礎体温も正常となりますので、体の中をより安定した状態にすることに有用であると言えるでしょう。真剣な妊活を計画するならば、婦人科や専門の医療機関で不妊検査をしておくべきでしょう。
こうすれば、そもそも妊娠のために十分な体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが早期発見し、早めの処置や対策をとれるので、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてください。
検査によって異常がないことが分かれば安心して妊活に専念できますし、元気な赤ちゃんを授かるうえでも欠かせないものですから、検査しないという選択肢は無いでしょう。ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということが広く知られるようになりました。赤ちゃんが順調に発育するために必要になるだけでなく、お母さんが健康に過ごすためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。



それでは、いつ必要になるのかとわからなくなってしまうかもしれません。
葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。そして、授乳するときも意外と多くの葉酸が使われるので、妊娠中と同じくらいの量を摂るようにしましょう。



水溶性ビタミンとして知られる葉酸はすぐ水に溶け出してしまいます。一日の所要量を一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に尿として排出される結果になってしまうのです。



従って、葉酸をサプリなどで摂るときも、時間をおいて分けて飲んだ方が効果があるという点を意識するべきでしょう。葉酸の所要量を摂取できるように、毎日食材を組み合わせていくのはけっこう大変です。


しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。妊活と一言で言っても、生命の神秘を管理しようとする非常に難しいものなので当然、必ずいい結果に至るとは限らないのです。

ですので、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、残念なことだと言えます。
成功確率は上昇していると言えますからそんなに重くとらえないで焦らずに継続してみましょう。