生食だけでなく、料理の素材としても使わ

生食だけでなく、料理の素材としても使われるアボカドは実にクリーミーですが、葉酸というビタミンが含有量が多いのです。

健康を保つ上で葉酸は多方面に良い効果をもたらします。


鉄分とともに貧血防止に役立つ、また生まれる前の赤ちゃんに必要な栄養が行き届くようにするなど、人生の各ライフステージで必要な栄養素といっても過言ではありません。


流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は血液検査をすれば明らかになります。くわえて、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンB12の値があります。というのも、過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12が不足したことがよく分からなくなる事があるそうですから、ビタミンB12の値にも注意するようにしましょう。レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれると知られていますが、葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、所要量を満たすのは結構難しいことです。とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食べ物だけで必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。

自分に合った方法を早く見つけ、毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。

本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。


生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく全身の細胞分裂が活発に行われる中で発育発達が急速に進んでいきます。
その過程でたくさんの葉酸が必要になります。そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。



お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も決して珍しくありません。頭に入れておいて欲しいのは、何を食べれば、葉酸が多く摂れるのかです。葉酸という名から考えても、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。



実はマンゴーにも豊富に含まれており、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんにも言われて、食べるようになりました。妊娠中の便秘を防ぐためにも、マンゴーは良いそうです。ビタミンB群の一つである葉酸は、吸収率のピークが空腹時なので、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。
一日分の摂取量を一度に摂るよりも、何時間かおいて、分けて摂る方がより効果があることが実証されています。
また、一日の中では寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取が効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。

「妊活」と聞いたとき、一般的にはママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、夫婦において、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。そういうことで、男性の妊活として毎日の食事に注目してみましょう。男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、主に亜鉛、アミノ酸の一種アルギニン、ビタミンのうちEとB群などを挙げることが出来ます。こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。近年の日本における先天性奇形の発生率は全体の約4%というのが平均的な数値です。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が最近有名になってきた葉酸です。胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、妊娠がわかったときから、葉酸は一番大切な栄養素だと言い切っても全くオーバーではないのです。

病院で妊娠の診断が出れば大切なのは葉酸の摂取です。葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育は順調に進むようになりますし、お母さんが健康に過ごすためにも重要な役割を果たす栄養素なのです。

他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは摂取が難しいものです。毎日安定した量の葉酸を摂るために必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。
積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも望ましいものであることは、世間でも良く知られています。



とはいえ、なんとなく摂取するよりも、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方を出来るのが理想的だと思いませんか?ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては体を温め、冷えの改善や予防に効果が高いものもあるそうです。代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。

フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方は加工されたドライフルーツでも十分です。