赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、摂って

赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。


葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには葉酸が必要不可欠のため、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。
子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、妊娠する確率が高くなります。



ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、葉酸は妊娠中に必要なだけでなく、授乳している間も摂って欲しい栄養素なのです。赤ちゃんは生後間もない時期に、盛んに細胞分裂を進めながら外界に適応するべく成長するのです。そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。
そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、妊娠を望んだときから、断乳するまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。



レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれると知られていますが、毎日、毎食食べると考えればかなりの負担になり継続して摂るのはなかなか難しいのです。


とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食事からの摂取のみで毎日しっかり摂ろうと考えるのを止めて、補助的にサプリメントや薬を使っていけば良いのです。自分の食生活や生活習慣をよく考え、毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。ビタミンB群の一つである葉酸は、吸収率のピークが空腹時なので、効果的に葉酸を摂りたいと思ったら、タイミングとしては胃に何も入っていない食間なのです。一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより数回に配分して摂った方が効果はあるとされます。

時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。
これから妊娠したいと思っている方はいろいろな栄養素の中でも、葉酸を摂り続けることが大事です。

最大の理由は、子供に先天性の障害が起きる確率を低くする効果が確認されているためです。とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが心配されます。過剰摂取で起きる問題として、将来的に喘息を発症する可能性があるようです。



摂りすぎも害になることを忘れないでおきましょう。

妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻はサプリメントを飲み始めました。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたがあるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「男性が飲んでも意味がない。妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」と相手にされませんでした。男性にもきっと良い効果があるのではないかとサプリを飲むようになりました。たちまち効果が出るわけではありませんが、次の日を気にせずお酒を飲めるようになり、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。


時々聞く話ですが、妊娠してから体質が変わって便秘しやすくなったという方がちらほらいらっしゃるようです。

腸の働きを正常にするためにも、腸の中の細菌バランスが整っていないとどれほど食事に気をつけて栄養を摂るようにしても、栄養素はしっかり吸収されず、体内で働くこともできなくなります。


様々な栄養素が、腸内細菌の正常な働きで身体への取り込みが正常に行われるので、葉酸などの栄養摂取とともに腸内環境を正常にすることも意識することが求められます。



胎児の発育を促し、先天性の障害が起こりにくくなるビタミンと言うことで、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。



葉酸の摂取を始めるのは、妊娠が判明したときからだと遅すぎるといったやや厳しい指摘があります。

と言うのも、妊娠に気づく前から継続して葉酸を多く摂っておくことが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。ですから、妊娠を考えたときから多めに葉酸を摂ることが肝心だと言えます。不妊症があったうえで妊活を行うという場合、妊活も長期化しすぎると、精神的に疲れてしまいます。そこで、期間を定めて、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうという形で最初に決めておくことが最善策ではないでしょうか。

期間を設けることで、2人で考えて出した答えだから決して諦めないで、がんばっていこうと前向きに気持ちを持続させることができるはずです。


漢方を妊活のために服用する人も多くいます。



緩やかな効きめの漢方を使うことで体質の改善に繋がり、妊娠の可能性がアップするでしょう。

この頃は薬局でも販売されていて、手軽に買うことが出来るようになっています。
「費用が心配」という方には漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。
まず診察が必要となりますが、保険適用でいくらか安くなります。